春野菜圃場に石灰窒素を散布しました

みなさん、こん^^

春まき野菜の圃場に石灰窒素を散布しました。

この製品に関しては以前、どのような効能があるか記事にしましたが、

実際圃場で使用するのは初めてですので、これから勉強させていただきます。

効能として、施肥後に石灰とアンモニア性窒素(要素)に分解します。

最初の分解過程において土壌中で強力な農薬効果を発揮して

殺虫・殺菌・除草効果を発揮します。

と。。

これはあくまでも「ペルカ」の説明を記載したのであって

使うのは初めての私にとって未知の部分が多いです。

10a当たり50kg散布しましたが、

これが尿素としてどれだけ散布したのかわかりません。

元肥えとしては少ないのはわかりますので

オール14を10a当たり30kg散布しました。

ニンジンとダイコンが中心となりますので

あとは生育状態に応じて追肥で対応したいと思います。

直売所用ニンジンはまだ収穫していますよ。

収穫する圃場が昨日から変わりました。

この圃場で終わりです。

長く、大きいですねwww

この前の圃場に比べ、奇形と割れが多いです。

この圃場は雑草も多いですね。

雑草が多いと雑草の根が邪魔をして収穫するのに時間がかかります。

そろそろニンジンの収穫が終了した農家も出てきましたので、

直売所では数が多く並べられ、売りやすい環境になってきます。

ダイコンは毎日100本ぐらい出しています。

これも今年は収穫が終了した農家が多いです。

私はまだまだこれからですが^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA