米価値下げで資材値上げの秋

本年度、JAが農家から買い取る値段は値下がりし

60kgが10,000円になろうかという値段となりました。

ニュースを見ていると小麦など食料品に関する商品は

軒並み値上げの秋なのになぜ米だけがと不思議に感じます。

年々米離れが進んだうえにこのコロナにより外食産業が低迷しているので

余剰米が大量にあることはわかりますが

米農家にとっては米価値下げのうえに

この秋以降、肥料など米を作る資材が値上げとなる

なんとも言えない時代となっています。

今年は米を作るために田植え機やコンバインなど高額な機械を投資したのに

稲作に関しては将来に対し、夢が抱けませんよねw

せめてのの対抗手段として9月の段階で値上げが確実な肥料を手配しました。

苦土石灰120袋・アズミン60袋・野菜用有機肥料60袋・オール14が60袋など

ほかにもパレット買いを行いました。

まあ

そんなことしてもあまり意味がないんですが、できる範囲でもささやかな抵抗ですwww

今日は12月植えのキャベツの種を種苗店に買いに行きました。

明日、種まきをします。

久しぶりに行きつけのうどん店でお昼を食べました。

大エビカレーうどんですね。うどん特盛(2玉)です。

「三拍子」という店なんですが、近頃はよくTVで紹介されて結構有名になってきました。

近江牛の牛筋とカレーのしみ込んがあげがアクセントになっておいしい。

ネギをカレーにうずんでから食べ始めます。

いつも特盛2玉ですがうどんとカレーは飲み物なので、すぐにおなかの中に消えます。

お昼に行くとごはんが付きますのでお得ですね。

近江八幡ですので近くに来られた際にはぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA