異常気象に強い稲作は珪酸カリ散布ですね

みなさん、こん^^

今日は昨日の夜、急きょお願いされた加工キャベツを収穫しました。

鉄コンテナ2基でしたが、そろそろ圃場で割れかかっていますので

収穫できることはありがたいですね^^

昼からは、水稲の土壌改良剤を圃場に散布しました。

今年から、20kgの袋入りから200kgのフレコン入りに変更しました。

散布するのにブロードキャスターをトラクターに取り付け

土壌改良剤をリフトで吊って入れます。

あとは散布する圃場まで移動して必要量を散布しました。

今年は、植える前の土壌改良材は少なく設計しています。

中干前に「ケイ酸カリ」20kgを散布するためです。

田植え前に圃場に入れてもいいんですが、投入する量が

中干前に比べ倍になりますので手間を惜しまないのなら

後からのほうが少ない投資で良い結果が得られると思います。

昔は穂肥前に散布していましたが、いつからかやめていますね。

茎が固くなり、穂数が沢山つけることが去年確認できましたので

今年からすべての圃場で散布することにしました。

最新の田植え機もお披露目となりますので

今年は今から田植えが楽しみですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA