8月咲の小菊親株をハウスに移しました。

みなさん、こん^^

今日は先日掘り起こした8月咲の小菊親株をハウスに移しました。

今年は小菊を植えていた圃場が石綿管工事のため入れなくなるために

急遽ハウス内に親株を移すこととなったのです。

通常ですと今の時期はフラワーネットや支柱を取り除き

2番花を咲かせないよう地面より10cmぐらいで切り戻しをする時期です。

そのあと、防除を怠らずに遅くとも10月下旬には

親株をハウスに移して管理することになります。

こんな感じに品種別に斜めに植えていきます。

肥料袋で仕切っていますが、8月咲だけで各色併せて14品種あります。

パテントが発生するのは3品種だけで、あとは昔からの品種です。

今はやめられた方に分けていただいたのですが

新しい品湯を更新するので年々昔の品種は少なくなっていきます。

この作業とサツマイモ堀りのためにキャベツ定職や籾摺りができていません。

種物の大根・人参などの播種もできていません。

9月中旬には済ませたかったのですが生育に支障が出る時期まで植えられませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA