小菊の密閉挿しを行いました

みなさん、こん^^

今日は小菊のお話をさせていただきます。

私たちの地域ではハウス栽培にて

年間を通じて出荷されておられる方もおられますが

小菊を栽培されておられる方でやはり主となるのは

値段の高くなる盆出荷をメインとした短径小菊と

同じく8月~9月出荷の長径小菊の出荷がさかんに行われています。

私の地域ではメインの8月出荷をするためには

長径小菊で5月までには圃場に植えなくては

茎の長さが稼げません。

短径小菊の場合は逆に5月以降に植えなければ長く伸びすぎ

側枝も沢山出ることから処理に余計な手間が増えます。

親株から採穂して田んぼに植えられるまでにするには

約1か月程度ハウスで管理しますので

長径小菊を栽培するには

逆算すると3月中には再穂をおわって

200穴セルトレイに挿していなければなりません。

発根さすにはハウスの中で密閉挿しを行います。

垂木などで地面と縁を切り

水を十分散水してトンネル内に挿した苗を並べます。

トンネル内は湿気が多い状態が保たれ

ハウス上部を遮光ネットで覆うことにより

直射日光を防いで発根を促す方法です。

いつもながら少し採穂をするのが遅れていますが

これから本格的に行います。

奥で管理しているキャベツの苗も順調に大きくなってきました。

月曜日には籾の消毒をして浸水をします。

今日は魚のゆりかごの一筆魚道も設置しました。

いよいよ始まりますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA