草刈り機用の刃を紹介「デビルシュレッダー」「デビルボルトダー」

みなさん、こん^^

心配していました台風も日本には上陸しいで

大きな被害はありませんでした。

しかし、台風前に播種したダイコンは長雨により

種の上に水たまりがずっと続き

今日現在発芽していませんねw

これから1~2日で発芽しないのならあきらめて

植えなおしを行いますw

雨をもらったからでしょうかキャベツを植えた圃場の

草がたくさん生えてきました。

長く伸びていますので除草剤では無理と判断し

草刈り機で除草を行うことにしました。

以前、草刈用にウイングモアのフリー刃用のプレートに

スパイダーモアの刃を取り付けたデビルシュレッダーを作りましたが、

これでは、キャベツの葉を傷めてしまいます。

今回は畝の両肩に沢山の草が生えていますので、

草をそぎ落とす感じで草刈が出来るよう

ボルトとナットを使った「デビルボルトダー」?を作りました。

まずは、いらなくなった刈り刃で穴の開いた刃を用意します。

この穴にボルトを止めます。

ボルトは穴に入る長めのボルトを使いました。

刈り刃の下に長いボルトが出るようナットで止めます。

対角線上に外側に4本、内に2本止めました。

こんな感じになります。

ボルトで草を取りますので草刈りの刃は欠けていても気にしません。

元々youtubeで見かけたものですが、毎回苦労している畦の肩に生える草や

短い草を除去するには有効なのではと、いつも思っていたのですが

今回作ってみました。

思った以上に草を刈って?くれますね。

ただ、ボルトの位置が見えないのと

中に浮かせた感じで作業をしなければならず結構疲れます。

草刈り機の地面に触れる金具が3cmですので

その高さにボルトをグラインダーでカットしました。

今日は昼からキャベツの種まきをしましたので作業はできませんでしたが

これでいけると思います。

結構ボルトが削られますので

もう1まわり大きなボルトに変えたほうがいいかもです。

今までと違って刃のチップが欠ける心配もいりませんし

このような草刈ができる刃はありませんでしたので

今後も使っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA