普通の農家がGPS付の最新の田植機を買ってみた

みなさん、こん^^

コロナ対策で農家にも「経営継続補助金」制度を利用し申請をされ

採択された方が多数おられることと思います。

無事1次公募審査をクリアされた方も

原則、年内には商品の納入・支払いを終わられなければならず、

取り急ぎ、手続きを急がれているのではないでしょうか。

私もGPS田植機を申請し、採択されました。

定価が約400万近くする田植機ですので普通の農家では

コスト面を考えると普通買えない田植機です。

(全額補助ではありません。一部補助です念のため)

今日、クボタの営業所に田植機が入荷し、

オプションの箱施用剤散布装置などを付けて明後日納入できると電話があり

夕方、仕事が終わってから写真を撮りに行ってきました。

この営業所ではこの制度を利用し、私を含め2台が売れたそうです。

人によっては田んぼに苗を植えるのが曲がっても稲は曲がらないのだから

必要ないとおっしゃる方もおられますが

やはり、線路みたいに真っすぐ植えたいですよね

私の場合、施肥装置もついていない田植機を使っていましたので

これからは同時作業が沢山出来る田植機で作業の簡素化や

コロナ対策の密を防ぐ作業人員削減に寄与できるものと

期待をしております。

ドローンもほしかったのですが、

息子が去年も田植を手伝ってくれましたが

稲刈り時、植えられた跡が迷路みたいになってるところもあり

こちらを選択しました。

動画では完全に手放しで真っすぐ植えられるみたいですので

随分と楽になるのではと期待しております。

普通の農家ですが、ちょっと贅沢をさせていただき

つらい農作業を楽しい農作業にできればと思っております^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA