今年は遅くした実肥散布です

みなさん、こん^^

小雨降る中、実肥散布をしました。

今年は初期成育期間に生育障害が出たせいか

稲の葉の色が抜けず、

本来なら10日前後に適期だった実肥の散布を遅らせていました。

この散布が時期がずれていたり、散布量が多すぎた場合

稲は倒伏し、刈取り作業が大変になったり、収量が激減し、品質低下を招きます。

これだけ長雨が続きますと病気が心配になってきます。

用心深い方はイモチ病の薬をすでに散布されていますが

何が正解かは収穫時期にならないとわかりません。

茎が長くなっても台風や大雨が来なければ倒伏しませんし

8月になって晴天が続けばイモチ病は発生しません。

基本、最悪の場合を無くすために控えて栽培4するにですが

せっかく作るなら少しでも多く収穫したいと

欲が出てくるのが人間です。

私も後者ですので失敗ばかりです(笑

早ければ8月末には収穫となります。

さてさて、今年はどうでしょうか^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA