超砕土ロータリー使ってみました

みなさん、こん^^

今日はセル苗となったキャベツを植えるべく

収穫し終わったダイコンの場所に

畝を立て直しました。

新しく購入した超砕土ロータリーですし、

肥料散布機も初めて使いますので、畝を立てながら調整を行います。

畝間の土を押さえるスキッドプレートはまだ来ていませんが

依然と比べきれいに鷹畝に仕上がります。

上の写真はトラクタに取り付けたサァンソーワーのコントロールボックスです。

2つありますが肥料と薬剤用ですので

今回は左のコントロールボックスのみです。

下の写真は肥料が出てくるホースの取りまわしです。

結局、この場所になりました。

5列畝を立てましたが

今回使うのは真ん中の3列の予定です。

キャベツを植える場所のみ施肥や薬剤散布ができますので

肥料との散布量が少なくて済みます。

値段が高騰していますので

早速役にたちそうですね^^

これから春ダイコンやニンジンを植えますので

楽しみです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA