ダイコンとニンジンの播種作業です

みなさん、こん^^

農作業に追われた日々を過ごしていますが

これから数日、久しぶりに雨が降るらしいので

急遽ダイコンとニンジンの播種を行うことにしました。

まず、元肥を散布しました。

石灰、スペシャル有機280、アズミンなどを散布しましたが

本来はニンジンとダイコンでは同じ肥料は難しいのです。

肥料のN-P-Kのうち、K(カリ)はニンジンには多すぎると割れを引き起こしますが

逆にダイコンには大きくするために多めに与える必要があります。

また、だらだらと効く窒素はニンジンには葉ばり大きくなり

地下部の肥大を阻害します。

逆にダイコンには肥大を助けます。

ですので、少し抑えた散布を行い

ダイコンには追肥で対応することにします。

今回植える圃場はアブラナ科では根瘤センチュウの被害が出た圃場ですので

ネビリュウを散布しました。

ほかにも殺虫剤と殺菌剤を散布しました。

植える前に軽く畝立てをしておき、シーダーをつけて植えていきます。

まずはニンジンを植えました。

シーダーの植え跡がしっかり残るようきつめに植えます。

こうすることにより雨により土が被さりニンジンの肩の露出を防げます。

品種は恋ウサギと毎年種苗店から頂いているサンプル商品ですね。

今年も2万粒、試してくれと頂きました。

次にダイコンを植えました。

今回は2畝の播種としました。

これから毎週ダイコンは植えていきます。

キャベツの播種作業が遅れていますので行いたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA