雨が降る前にしといてよかった農作業

みなさん、こん^^

今日は朝から雨が降っていますね。

いつものように雨降り前は

追肥や間引き、畝の肩に除草剤散布と

すべき作業が沢山ありました。

今年は急に寒くなりましたが、ちょうちょが未だにたくさん飛んでいますねw

殺虫剤散布はもうしばらく行わないといけません。

最後に植えたキャベツが握りこぶしの大きさに結球してきましたので

追肥を欲しがっていますね^^

月に1度は追肥を打ちますが、握りこぶしに結球したときにも追肥をするのが基本です。

葉ボタンや大根、カブが植わっている圃場の畝肩に草が生えてきましたので

除草剤の「ザクサ」を散布しました。

葉ボタンの横はカブですね。

遅く植えたのでまだ小さいです。

ダイコンも植えた時期によって大きさが違ってきました。

違う圃場ではもう収穫が始まって、毎日100本以上直売所に出荷していますが、

この圃場では上の写真からオデン大根、次からは10月植えのダイコンで

1週間ずつずらして播種した現在の状態ですね。

10月植えのダイコンは今年初めて作りますので

来年に向けての実験でもあります。

直売所でダイコンの出荷が少ない時期に収穫できるのはいつ植えたダイコンなのか

試しています。

11月に入ったら小麦の播種と加工キャベツの収穫が始まりますので忙しくなりますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA