今年は小菊の殺菌剤散布に注意が必要です

みなさん、こん^^

まだ6月なのに早い場所では梅雨明け発表がありましたね。

今年は今まで空梅雨で雨が降っていません。

当然作物にも影響して生育が遅かったり実入りが少なくなっています。

今日は朝早くから小菊の防除を行いましたが

一部の品種にて葉っぱの先が枯れたようになっています。

まず、バッタなどの昆虫に柔らかい葉先を食害されたかと思いましたが

葉が欠損してはいませんのでどうも違います。

ずいぶんと大きくなりましたが、7月咲きの小菊には花がつき始めています。

病気だと困りますので普及所の先生に確認していただきました。

圃場に来られて症状を確認して一言。

最近殺菌剤に「ストロビー」や「アミスター」を展着剤入りで使われたでしょ?

う。う。

なんでわかるんだ??

毎年なら梅雨なので雨で洗われるはずが今年は洗われないので

薬害が出やすくなっていますよ

と言って、ほかの農家にて同じ症状の写真を見せられました。

「ラベルの注意書きにも書かれていますので気を付けてください」

と言われましたw

「ラリー」なら展着剤を入れても大丈夫ですが

「アミスター」などは単剤で使ってくださいねと。。

このまま成長すれば、そうもわからなくなりますので

製品にはなりますと言われほっとしましたが

注意書きまで確認していませんでしたw

小菊を栽培されておられる方は注意が必要ですので

お知らせしときますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA