小菊の圃場を整備しました

みなさん、こん^^

今日は8月咲き小菊を植え付ける圃場に畝立てと

マルチ張りを行いました。

事前に上記の土つくり資材を投入して根張りの改善や生育促進を目指します。

ケイ酸加里は、根張りと茎が固くなるのは稲作で実証済みですよね。

小菊でも使っています。

以前紹介したアヅミンも、勿論使います。

マルチを張る前に仮の畝を立てます。

今年は畝の天幅80cm・畝間60cm・畝幅1m60cmで仕上げます。

マルチは微生物で分解して無くなる生分解マルチを使用しています。

小菊用のコート肥料をマルチ張りと同時に散布します。

全部で100mを7列作りました。

一応、8月用で9・10月の小菊は横のキャベツを収穫後場所を作ります。

今の場所にもついこの前までダイコンなどが植わっていました。

今日は、今年から小菊栽培をされる方が現地研修ということで

私の圃場や挿し穂を管理しているハウスを見学されました。

毎年、実際に小菊を植える手順も見学に来られます。

人様に見ていただくような栽培はしていないのですが

何かのお役になるのならと、思っています。

この4月下旬には植え付けが始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA