水稲苗の温湯消毒と小菊の採穂を始めました

みなさん、こん^^

毎年ですが、農家は暖かくなると田植えの準備に入ります。

今日は種籾の穏当消毒を行いました。

今年作付けする品種は「コシヒカリ」「みずかがみ」です。

昔は薬液を使って消毒をしていましたが

現在は60度のお湯で10分間種籾を漬けて消毒を行います。

ただ。。

1回で行える種籾の量は8kgですので時間がかかります。

消毒が終わった種籾は13度の水で数日漬けたあと、温度をかけて芽出しを行います。

今日は72kgの種籾を温湯消毒しました。

3日後に同じぐらいの量の種籾をまた消毒します。

今年は5.7haの水稲を作付けします。

昼からは8月咲きの小菊の準備をしました。

私は、保冷庫も持っていませんので

採穂をしたあとすぐに刺していきます。

下準備にアースドリルでトンネル支柱を差し込む穴をあけ

透明マルチの片方を三角クワで溝を切り埋め込んでおきます。

この中に垂木などで地面と縁を切って小菊苗を並べていき

中に水を十分散水して発根するまで外気と縁を切って管理します。

密閉刺しといって、上に寒冷紗などで直射日光を遮り

苗を育てていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA