寒菊の出荷工程です

みなさん、こん^^

週末は前回より強い寒波が来るみたいですね。

いつもはトラクターの後ろに付けたキャベツ収穫用のリフト爪に

3枚重ねたパレットを差し込んで除雪をしますが

今年はこいつで行う予定です。

離農された方に譲っていただいたバケット付きのトラクターです。

17psと馬力も小さく本体も小さなトラクターですが

後ろに写っているハウスを建てるとき、

整地作業に使ったり、土などをバケットに入れて運べる

お気に入りのトラクターです。

座席のシートがボロボロでしたが今年交換しましたので

雪でも心配ないと思います。

使う前にタイヤにエアーを入れときました。

ハウス内の寒菊やストックに花が咲き、出荷をしてくれと言っています。

先日から長さを揃えて出荷できるよう準備していますが

我が家ではこのようにしています。

収穫した寒菊は作業場まで軽トラックで運び、

水の張ったステンレス製のふろおけに入れます。

次に作業買いに使っているのはフォークリフトに長さ別に線を引いたコンパネを乗せ

用途に合わせた長さにハサミでカットします。

リフトを使うと作業場所をどこでも設定できますので便利です。

朝、野菜の出荷作業にも使っています。

今回は直売所用ですので60cmでカットしましたが

長く伸びていてゆうに1mを超えています。

今年はアヅミンとパーク堆肥を使いましたが

アヅミンが予想以上に効いているようです。

葉かき機でいらない茎の葉を落とします。

以前は軍手で葉を落としていましたが

この機械はすごいですね。

本当に便利になりました。

20~25本単位にゴムでまとめ水を張った容器に漬けます。

あとは出荷前日に3つの色を使って袋詰めを行い直売所からお客様の手元に渡ります。

夏と違って花が長持ちしますので扱いやすいですね。

ストックは1本ずつ包装して店先に並びます。

まあ。。

百姓の名の通りなんでも屋さんですねww

今週末に加工キャベツも収穫することになりました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA