ミイラ取りが。。。

みなさん、こん^^

毎日、田植えに忙しい日々を過ごしていますが、

私たちの地域は石綿管取替工事と

農地の集約・集積が行われ、一筆の面積が大きくなる場所があります。

当然、土を動かしての工事ですので田植えが出来るよう

水を張って代掻きをするのですが、まあ、大変ですw

私ではないのですが、自治会の営農が8条植えの田植え機をぬかるみにめり込まされました。

田植え機の救出は前進あるのみですので65馬力のトラクターで引っ張ることになったようです。

結果は、こうなりました。

タイヤが空回りしてトラクターの底が地面についてしまい、カメの状態にw

ミイラ取りがミイラになってしまいました。

仕方ないので、たちまちトラクターを救出するために大型のトラクターがやってきました。

ワイヤーをかけて引っ張るのですが、簡単に切れてしまいます。

ワイヤーを取替え、何度か引っ張っていると

恐れていたことが。。。

ミイラ取りのミイラのまたもやミイラが増える結果にwwww

私はこの時点で救出のお手伝いを諦め、自分の仕事に戻りましたが

結局はユンボで救出されることになりました。

最初に持ってこられたユンボでは中型のトラクターと田植え機しか救出できず

大型のトラクターは別の大きなユンボで救出されました。

私の地域には近くに琵琶湖干拓地の大中ノ湖があるのですが、

ここには工事中に数台、ユンボがめりこみ、

翌日、見に行かれたら沈んで、土の中に消えいたという

すごい本当の話があります。

そこまではいきませんが、工事期間の田植えは大変ですww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA