なごり雪

みなさん、こん^^

朝5時過ぎ、雪が積もっているか裏口を覗いて見ると

天気予報の通り、一面の銀世界が目に飛び込んできました。

そうも寒くはなかったのですが、結構積もっています。

「よし、今日は直売所はやめだ。寝よう」

また布団に潜り込みましたww

6時過ぎにまた起きだして

行かなくてもいいのに琵琶湖の畔へとw

波は穏やかですが、強くなってきた雪が空一面を覆い

だれが作ったか浜辺にある流木のベンチを除いて

空も湖もすべて灰色の世界に塗りつぶしています。

雪の中、新雪に足跡を残し、しばらく傍観していましたが

我に返り一言。

「寒い」

家に帰り、玄関先の雪どけをしていましたが

今年はこれが最後の雪かきかなと、周囲を見回しました。

家の塀にも雪が積もり、

この時期だけの風情を感じます。

柿渋の塗った1枚板の塀と格子戸がある玄関先って

昭和の世界みたいで「いいなって」思われません?

いつもは裏口から出入りしていますので、たまに表に来るとそう感じます。

私の自治会は彦根藩から開村されて200年の村ですが、

このように石垣を積んだ塀が道に沿って続いています。

そういえは年末、親戚に不幸がありましたので

私は神社に詣でていません。

毎年、年が開けるのを待って地元の神社に参拝し、

三が日のあいだにお多賀さんに参拝するのが

恒例の行事となっていましたが、今年はできていません。

時間を作って、ぶらり行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA