性格が曲がっている私が畝を真っすぐする方法

みなさん、こん^^

今日は畝立てをしました。

別にどうでもよい事なのですが

やはり、真っすぐに畝を立てると見栄えが良いですよね。

作業面でものちの作業が奇麗にできます。

一度畝を立て、これは今日、日野菜を植えなおしたのですが、

まあ、

真っすぐに植えられます。

私は基本、畝立て同時シーダーで播種を行います。

私の場合、最高6連のシーダーをつけられます。

真っすぐ植えるためには一度,仮の畝を立てるのですが、

目印とするのが、

作業前に耕起したロータリーの境目が筋になっていますのでその線と

作業をする前に畝に突き刺すカマですね。

これはロータリーを掃除する鎌ですが、

これを次に行く場所のトラクターの真ん中に挿します。

この繰り返しでだいたい真っすぐな畝を立てておき、

キャベツの場合は4もう1度畝を立てますし

種をまく場合はシーダーをつけて種まきをします。

まあ。。

きほん、性格が曲がっているのに真っすぐな畝を立てようとするのが

間違いでありまして。。。

多い時は2~3回真っすぐになるまで、同じ場所で畝を立てます。

その場合は両端が高くなるので

レーキで高さを合わせます。

今時のトラクターはGPSで何もしなくても真っすぐにいくらしいですが

アナログなトラクターしか買えない私は

このようにしてあたかもGPSでしたようにごまかしているのでした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA